東山八百伊本店店舗

東山八百伊のこだわり

東山八百伊のご紹介

東山八百伊看板商品

京都のお漬けものは、なぜこんなにおいしいのですかと、よくおたずねをうけます。

昔から、陶器の発達したところの土で育つ野菜は、
やわらかくて味がよく、したがってお漬けものもおいしいのですが、
京都はその上に、山紫水明の処といわれますように
琵琶湖を水源とする地下水が豊富ですし、一千有余年の歴史が、
お野菜の栽培、お漬けものの漬け方を、育ててきたのであります。

世界共通の言葉「古都に美味あり」を、そのままあてはめられるのが、
京都の美味の数々であります。

ところが、お漬けものは、どんなによい野菜でも、
漬ける人の良心と勤勉さによって味が異なります。
東山の八百伊さんは、その点では理想の人柄でお漬けものに一生をささげておられ、
おいしい漬けものの生まれるのももっともだと、いつも感心しております。

(辻留 辻嘉一さまのご紹介文=当店パンフレットより)

東山八百伊の千枚漬

平成八年度京都府優秀技能彰(京の現代の名工)受賞


東山八百伊のこだわりの逸品である千枚漬は
『京の底冷え』そんな風土が育てた
聖護院かぶらを丹念に薄く切り、
利尻の天然昆布にこだわり
家伝独自の素朴な漬け方で作り上げました。

平成八年度「京の現代の名工」を受賞した
東山八百伊の自信作です。

bg
たまり沢庵

伝承の技 伝統に裏打ちされた製法と、独特な工夫を重ねた熟練の職人が、自然の恵みを熟成の美味しさへと心を込めて漬け込みます。 京仕立ての伝統手法をしっかりと受け継ぎ、日々新たな丹精で大切に守り続けています。

かぶら

素菜 盆地特有の夏の暑さと冬の底冷えで知られる京都独特の気候と、肥沃な土壌と良質で豊かな水が育てた京野菜。素菜(そざい)の持つ本来の旨味と味わいを、丁寧にそして存分に引き出した、美味しさ作りをしています。

committed 東山八百伊おすすめ商品

新鮮さ 「樽から出したての新鮮なお漬け物をお届けしたい」 野菜の新鮮さにこだわっているので、大量に漬け込んだり、保存料や着色料を使用せず、毎日必要な分だけ漬けています。

ご注文は、店舗または、電話・FAX
お手紙でお願いしております。
現在ホームページやメールからの注文は
受け付けておりません。
ご不便をおかけいたしますがご了承ください。

FAX用のプリントアウトデータはこちら